東京マラソン2011 副島選手と土田選手が優勝!

表彰式
(副島選手・洞ノ上選手・山本選手・土田選手)

2月27日に行われた「東京マラソン2011」で、副島選手が優勝し、女子は土田選手が優勝しました。
昨年の荒天とはうって変わって東京の空は晴天に恵まれまれた今大会、雪辱を狙う副島選手に、同じく当社サポートの洞ノ上選手、廣道選手などそうそうたるメンバーが揃い、白熱したレースが予想されました。
レースは副島選手が序盤から飛ばし、15キロ過ぎに先頭は副島選手と洞ノ上選手の二人に。その後、コース一の登りを擁する35キロの佃大橋で副島選手がスパートし洞ノ上選手を引き離す。そのままゴールまで逃げ切った副島選手が大会新となる1:25:38の好タイムで栄冠を勝ち取りました。
また、女子の土田選手は国内ではライバルが居ないものの、自己の持つ大会記録を意識した走りで見事1:40:08の好タイムでフィニッシュ、好調をアピールしました。

主な結果と使用機種
男子フルマラソン優勝:副島正純(GPX-R10)
男子フルマラソン2位:洞ノ上浩太(GPX-R10)
男子フルマラソン3位:山本浩之
女子フルマラソン優勝:土田和歌子(GPX-R10)

東京のど真ん中をレーサーが駆け抜けます