第31回記念大分国際車いすマラソン大会でマルセル・フグ選手が連覇!

第31回大分国際車いすマラソン大会は、2012年パラリンピックロンドン大会の選考大会となりました。
10月30日、レース当日はあいにくの雨。午前11時に大分県庁前をスタートしたレースは、前回大会の覇者で、当社サポートのマルセル・フグ選手がスタート直後から樋口選手と抜け出す展開となりました。
そのまま優勝争いは競技場までもつれ、トラック勝負でフグ選手が優勝!
大接戦となった選考条件「国内トップ3」争いは、副島選手、
洞ノ上選手の順で国内2位3位を獲得しました。
以下は10位までの結果です。
※赤字はオーエックス使用

1 1:24:55 1 マルセル・フグ 25 スイス
2 1:24:55 5 樋口 政幸 32 長野県
3 1:28:39 4 副島 正純 41 福岡県
4 1:28:40 2 洞ノ上 浩太 37 福岡県
5 1:29:34 8 花岡 伸和 35 千葉県
6 1:31:25 7 ハインツ・フライ 53 スイス
7 1:31:25 24 久保 恒造 30 北海道
8 1:31:27 3 山本 浩之 45 福岡県
9 1:34:39 18 ナサニエル・アークリー 17 オーストラリア
10 1:34:42 23 ブレット・マッカーサー 46 オーストラリア


大分国際車いすマラソン大会HP