笹原、フルマラソン日本新!

10月30日(日)に大分で行なわれた「大分国際車いすマラソン大会」において、笹原廣喜選手(大分県)が、1時間26分41秒の日本最高記録を樹立、日本人歴代最高位タイとなる総合2位に入りました。
これまでの日本最高記録を27秒も上回る好タイムで、3位以下の第2集団を大きく引き離す積極的なレースを終えた笹原選手は、満足感の中にも「世界との差」を感じた様子で、早くも更なるレベルアップに視線を向けていました。


大分国際車いすマラソン大会HP
その他の主な結果
赤字がオーエックス選手
1 1:26:37 1 エレンスト ヴァン ダイク
2 1:26:41 8 笹原 廣喜
3 1:29:35 2 ハインツ フライ
4 1:29:35 14 ロジャー P ベルダグア
5 1:29:35 10 マルセル E フグ
6 1:29:36 20 プラワッ バソラム
7 1:29:36 4 デニス レミュニエール
8 1:29:37 24 山本 浩之
9 1:29:39 11 アラン フス
10 1:29:41 7 アラン バーグマン
11 1:29:43 21 久保 恒造
12 1:29:44 9 副島 正純
13 1:29:51 5 花岡 伸和
14 1:35:57 29 ラファエル B ヒメネス
15 1:35:57 17 ジョルディ M ヒメネス
16 1:37:24 13 ミシェル フィルトウ
17 1:37:26 19 廣道 純
18 1:37:57 12 安岡 チョーク 
表彰式での笹原選手(中)、優勝のエレンスト選手(左)、3位のハインツ選手(右)と。